積み木

マンション売却で後悔しない方法|賢い売却法を公開

鞄1つで住める

内観

物件には色々な賃貸タイプがあります。特に便利なのが月極で借りることができるマンスリーマンションタイプです。マンスリーは家具や家電も常備されているので長期出張でホテルに泊まるよりコストを抑えることができます。

Read More..

賃貸にかかる手数用

建物

物件を借りる時は、色々な手数料がかかり実質家賃の5ヶ月分から6ヶ月分の初期費用が必要となります。最近は敷金、礼金、仲介手数料無料という物件まで増えてきています。そのサービス内容について紹介します。

Read More..

営業マンの違い

男性と女性

マンション売却するときは、色々なことに注意しなければいけません。慎重になりすぎる位で丁度いいでしょう。マンション売却をするとなると、不動産業者の営業マンと付き合うことになります。みんなそうでしょうが、できる限り熱心な営業マンを選びたいものです。営業マンが一生懸命だと、とても頼りになります。売却を任せれば素早く売ってくれるでしょう。しかし、熱心故に強引な取引に出る営業マンもいます。中には、とにかく強引で成立すれば何でもいいと考える営業マンもいるのです。高い値段で売却できたかもしれないのに、安くで売り出されてしまった人もいます。そういう目に遭わないためには、適度に熱心で強引すぎない営業マンを選ぶようにしましょう。

マンション売却が上手くいくかどうかは、不動産業者にかかっていると言ってもいいでしょう。とくに営業マンの資質は非常に大切です。よく営業マンはベテランの方がいいと言いますが、一概にそうとは言えません。確かに、不動産取引において知識は重要です。ベテランなら豊富な知識を持っているでしょう。安心して任せることができます。しかし、知識の他にもう一つ大事なことがあります。それはスピードです。ベテランの営業マンの全てがそうではありませんが、経験はあっても動きが鈍い人が結構います。それでは売主は困ってしまうでしょう。ですから、動きが素早い営業マンを選ぶことが大切です。経験が多くなくても、たいして問題ではありません。

リロケーションとは

相談

最近日本で増えてきている賃貸住宅にリロケーションがあります。リロケーションとは期限付きで物件を貸すことを指し、オーナーが何かしらの理由で住宅から離れた際に貸すことで収益を見込むことが可能です。

Read More..